<< 数字が取れるキタキツネ!株式会社リトルグローブの感動ドキュメンタリー映画。 | main | ジョーとラッシーの友情に涙!株式会社リトルグローブの感動映画。 >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.08.27 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ベストセラー作品を映画化!株式会社リトルグローブの癒し映画。

    0

      こんにちは。株式会社リトルグローブです。
      今日、株式会社リトルグローブが紹介する映画は、「盲導犬クイールの一生」です。

      解説: 実在したラブラドール・レトリーバーの盲導犬、クイールの生涯を描きベストセラーになった『盲導犬クイールの一生』を映画化した感動作。盲導犬を断固拒否していた頑固オヤジにベテラン俳優の小林薫。のんびり屋のクイールを優しく見守り続ける訓練士を椎名桔平が熱演する。一匹の子犬が生まれてから出会いと別れを繰り返し、苦労の末、立派な盲導犬に育つ姿を見ていると涙腺がゆるむ。とにかく犬たちの名演があっぱれな作品。

      あらすじ: 脇腹のブチ模様が特徴の子犬クイールは、まず仁井夫婦(香川照之・寺島しのぶ)の家に預けられる。その後訓練士の多和田(椎名桔平)らから猛特訓を受け、盲導犬として渡辺(小林薫)と一緒に歩き始める。


      「クイール」犬好きでなくとも癒し効果は絶大。盲導犬クイールの物語

      平凡だけれど仕事はきっちりこなし、静かだけれど愛情に満ちた生涯を送る――そんな盲導犬クイールの話には、確かに癒しの効果があった。思わず「か、かわいい!」と声を上げてしまう写真にも。そして今度は崔洋一監督が、大スクリーンで動くクイールを見せてくれる。サービスショット満載だし、育ての親やパートナーの渡辺さん(小林薫)との別れのたびに恥ずかしくなるくらい涙は出る。でも、核となるはずのクイールと渡辺さんの絆が、意外なほどあっさり描かれる。ここはもっと涙を絞り取られたかったし、安易なナレーションは一切不要だった。それでも、少し情けない表情も含め、おっとりしたクイールにふさわしい滋味にあふれる作品だ。


      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.27 Saturday
        • -
        • 10:46
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM