<< 動物映画が人気の理由 | main | 鳥好きにはたまらない映画です! >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.08.27 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    なんだか疲れた・・・そんな時は動物映画を!

    0
       株式会社リトルグローブです。

      疲れたときに動物の映画観ると癒されますよね。
      動物の力ってすごいな〜と思います。

      人間の映画も素敵ですが、動物映画は人間にはないものがありますよね。


      今回は、チーターと少年の友情を描いた感動作をご紹介します。

      ドゥーマ

      南アフリカの大自然を舞台に、チーターと少年の友情を描いた感動作。
      動物を撮ることを得意とするキャロル・バラード監督が、動物と人間の信頼関係を美しい映像とともに描き出した。
      チーターと友情を育む少年キサンを演じたアレキサンダー・ミハルトスは本作が映画初出演だが、農場育ちの経験を生かし、本物のチーターとの共演を自然な演技で演じた。
      そのため物語の説得力が増し、リアルな感動が生まれている。



      あらすじ
      キサン(アレキサンダー・ミハルトス)は親とはぐれた子供のチーターを見つけ、ドゥーマと名づけ家族の一員としてかわいがるようになる。しかし、父親のピーター(キャンベル・スコット)は、ドゥーマを野生に返さなくてはいけないと考え始める。


      ドゥーマとは、スワヒリ語でチーターのことのようです。
      動物好きには堪らない映像がいっぱい。
      象にキリンにライオン。これぞアフリカ!っていう感じですね。

      チーターって頭がちっちゃくて、体がしなやかで、早く走る為に生まれてきた芸術品の様だと株式会社リトルグローブは思いました。

      とにかく南アフリカの大自然の映像は圧巻だし音楽も素晴らしいです。
      それにしてもチーターの走る姿は本当にしなやかで美しい。
      鳴き声も鳥のように高くてとても綺麗です。


      青年が言っていた、チーターの顔にある黒い筋模様の言い伝えがとてもロマンチックで印象的でした。
      少年の父親が残した言葉もとても重みがあって心に響きます。

      少年と動物の愛情の物語。
      派手なストーリーではないですが説教じみていなくて自然で、素直に感動できました。
      大人だけでなく子供達にも是非観て欲しい作品です。



      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.27 Saturday
        • -
        • 15:42
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM