<< ライオンキング!株式会社リトルグローブ憧れちゃいます! | main | 株式会社リトルグローブのパンダの生態と現状に迫る! >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.08.27 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    株式会社リトルグローブも子ぎつねと少年の心の交流に感動です。

    0
       こんにちは。株式会社リトルグローブです。

      少しずつ暖かくなってきましたかね?
      あまりそうは思えないぐらい、最近は寒いです。
      春といえば、動物たちも冬眠から覚めるころです。
      春には、たくさんの動物たちの赤ちゃんを見ることのできる季節でもありますよね。
      なんだか、動物園にも足を運んでみようかなと思います。

      そこで、今日はキツネの赤ちゃんがとってもかわいい「子ぎつねヘレン」を紹介します。

      解説 - 子ぎつねヘレン
      北海道の大地を舞台に、目と耳が不自由な子ぎつねと東京から引っ越して来た少年の心の交流を描いたヒューマンドラマ。
      監督は、本作が初の劇場用作品となる『ワンダフルライフ』の河野圭太。
      写真家でエッセイストの竹田津実による『子ぎつねヘレンがのこしたもの』を基に、「ジェニファ 涙石の恋」の今井雅子が脚色。
      撮影を「変身」の浜田毅が担当している。主演はTVドラマ『みんな昔は子供だった』の深澤嵐と「イントゥ・ザ・サン Into the Sun」の大沢たかお。

      あらすじ
      カメラマンの母・律子(松雪泰子)の仕事の都合で、北海道の森の診療所で獣医をしている律子の幼なじみで“将来のお父さん”になる筈の矢島(大沢たかお)のもとに預けられることになった小学生の太一(深澤嵐)は、ある春の日、道端で1匹の子ぎつねを拾う。
      そして、どうやら母親とはぐれたらしい子ぎつねに自身の姿を重ね合わせた彼は、子ぎつねを診療所に連れ帰るのだが、実はその子ぎつねは目と耳が不自由だったのである。
      そんな子ぎつねに“ヘレン”と名付けた太一。
      「体力をつければ、手術を受けられるかもしれない」と言う矢島の言葉を信じた彼は“サリヴァン先生”となってヘレンを育て始める。
      やがて“ドクター・キタキツネ”の異名を持つ獣医大学の上原教授(藤村俊ニ)によって精密検査が行われることになった。
      ところが結果は太一の予想に反していた。
      しかも、このままではヘレンが教授たちの研究材料にされる!「ヘレンには僕が必要なんだ」。
      ヘレンを大学病院から取り戻した太一はそれからも献身的にヘレンの面倒を看た。だが、ヘレンは度々発作を起こすようになり、遂に息絶えてしまう。しかし、ヘレンと過ごした3週間は、太一に、そして周囲の人たちに生きることの意味を教えてくれた


      スポンサーサイト

      0
        • 2011.08.27 Saturday
        • -
        • 12:10
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM